大宮にはたくさんの花の名所があります。まず多くの人が思い浮かべるのが大宮公園です。ここは日本桜百景にも選ばれており、シーズンになると多くの花見客でにぎわいます。水泳場の近くにあるウコン桜は黄色い花を咲かせることで有名です。そのほかにも広大な敷地内に1000本ほどの桜が植えられており、ライトアップされて夜桜を楽しむことができるようになっています。3月下旬から4月上旬にかけての開花期間中は露店も100店近く軒を連ねています。

それ以外の桜の名所というと、陸上自衛隊の大宮駐屯地なども地域住民には知られた場所です。自衛隊の敷地内ということで、勝手に入ってはいけないのではと敬遠している人もいるようですが、じつは一般開放されており、芝生のうえにシートをひいてお花見を楽しむことができるようになっています。敷地内の売店も利用できます。桜以外の花ということならば、大宮第二公園の梅が有名です。紅梅、白梅、しだれ梅など、さまざまな種類の梅をいっぺんに見ることができます。

また、染谷の花しょうぶ園が6月の間だけ開園されます。ここには各地から300種類以上の花しょうぶが集められています。純和風のつくりになっているしょうぶ園は庭園式になっており、2万株以上をじっくり見ることができます。そのほか、公園墓地になっている青葉園には、樹齢700年と言われる藤の木が立っています。毎年4月末から5月に満開になります。もちろん、盆栽村も花の名所に数えることができるでしょう。ゴールデンウィークには大盆栽祭りがひらかれています。