大宮で盆栽と植物を楽しむ

大宮は盆栽の街としても知られています。とくに盆栽村と呼ばれている地区は、国内だけでなく、海外の盆栽愛好家も観光に訪れる、知る人ぞ知る超人気スポットになっているのです。それ以外にもチェックしておきたい植物の観光名所があるので、いろいろと見てまわることができるようになっています。大宮駅から出発してもいいですが、氷川神社の並木道を楽しみたいという人は、さいたま新都心駅から参道を行くのがいいでしょう。一の鳥居は新都心駅のすぐ近くにあります。

 

参道の途中には平成ひろばという名前の公園があります。ここにはケヤキや桜が植えられています。そして、武蔵野国の一宮として知られる氷川神社がその先にあります。神社まで来たら、そこはもう大宮公園です。桜の名所としても知られていますが、県立歴史と民族の博物館などもチェックしておきたいところです。埼玉の歴史や民俗について知ることができます。あるいは公園のなかを散策するのもいいでしょう。北側に公園を抜けて、大宮公園駅を越えれば盆栽村につきます。

 

盆栽村には、5軒ほどの盆栽園があり、それぞれに手入れの行き届いた盆栽をみることができます。少し休憩したいときには、盆栽四季の家を利用できます。そして、もっと深く知りたいという人には、大宮盆栽美術館がオススメです。ここには常時50鉢ほどの展示がしてありますし、企画展なども開催しています。さほど興味がないという人や、これから挑戦してみたいという人などは体験講座に参加してみるのもいいでしょう。